箱のプログラミング日記。

渋谷の自社開発企業でRails書いてます。

【駆け出しエンジニアにおすすめ】転職に使えるサイト3選〜実体験より〜

f:id:y_hakoiri:20191102121842j:plain

「エンジニアに転職したい!でも、数あるサイトの中からどれに登録すれば良いんだろう...」と迷ったことはありませんか?

今回は私の実体験を踏まえて、登録しておいて損はないと思うサイトを3つのみ紹介します。

どれもメリットとデメリットを解説しながら紹介していくので、フラットな目線で判断していただけるのではないかなと思います。

Wantedly

まず、おすすめサービスの一つ目はWantedlyです。

Wantedly(ウォンテッドリー)「はたらく」を面白くするビジネスSNS

Wantedlyは企業と個人が気軽にコンタクトを取れる人材マッチングサービスで、エンジニアやデザイナーなど主にIT業界においてクリエイティブな職業の人たちによく使われています。

最近では未経験からエンジニアへの転職を目指す人が増加したことにより、未経験者のユーザーも多くなってきたようです。

Wantedlyのメリット

私も実際に使っていたのですが、Wantedlyの最大の魅力は自己分析が進むことです。

Wantedlyでは自分のプロフィールやアピールポイントを詳細に登録することができるのですが、これが結構なボリュームになっています。(カジュアルな履歴書のような役割です)

このプロフィールをどれだけ充実させられるかというのがWantedlyにおいては重要になってくるのですが、そうすると自然と自己分析が進んでいくんですよね。

自分の自己紹介文を書いたり

f:id:y_hakoiri:20200315160058p:plain

「このさきやってみたいこと」を書いたりできます。

f:id:y_hakoiri:20200315155937p:plain

これらを埋めようとするだけで、「自分のアピールポイントはこんなところだな」「自分はこういうことに興味があるんだな」という発見がたくさんあります。そうすると、面接でもそれを話せば良いことに気がつきます

最近では、「Wantedlyに駆け出しエンジニアが溢れすぎて企業の採用側が警戒している」という噂も蔓延しています。仮にそれが本当だったとしても、私は上記の理由からWantedlyに登録することをおすすめします。

Wantedlyのデメリット

反対にデメリットを挙げるとするならば、企業と直接コンタクトをとる必要があるという点です。

Wantedlyは個人と企業が直接やりとりできるのが魅力の一つですが、面談の日程調整も自分が直接やらなければいけません。

複数の企業とやりとりをしていると混乱してきてしまったり、日程調整がそんなに煩わしくないと感じる方でも内定辞退の連絡も自分でしなきゃいけなかったりします。

もしエージェントを使っていれば、こういった少し面倒な連絡も全て代行してくれるので、そのあたりの手間を考えると少しデメリットになるかもしれません。

ただ先述した通り、プロフィールを埋めるだけで自己分析につながり、それだけで使う価値はあると私は思っているので、一つの手段として持っておいて損はないかなと思います。

www.wantedly.com

レバテックキャリア

次におすすめなのがレバテックキャリアです。

【レバテックキャリア】

レバテックキャリアはITエンジニアやWebデザイナーに特化した転職エージェントです。

登録すると自分の担当のエージェントさんが担当についてくれて、企業探しや自己分析のお手伝いをしてくれます。

また、普通の転職エージェントではなく業界特化型のエージェントなので、エンジニアの転職事情にめちゃくちゃ詳しいのが魅力の一つです。

レバテックキャリアのメリット

レバテックキャリアを使うメリットはいくつかあります。

  1. エージェントとの連絡が楽
  2. 企業との連絡が楽
  3. 自分では選ばない・選べない企業と出会える
エージェントとの連絡が楽

まずは、エージェントとの連絡がめちゃくちゃ楽という点です。

転職エージェントに登録すると、自分の希望や条件を伝えるためにエージェントと面談をする必要があるのですが、

レバテックキャリア の場合は希望すれば初回の面談をオンラインで行うことができます

以前違うエージェントに登録した際、忙しい中わざわざ面談のためにエージェントの会社に出向くのが非常に面倒だったので、レバテックキャリアを使い始めた時に「これはかなり良い」と思って感動してしまいました。

また、その後の連絡もLINEで行うことができます。

面接の日程調整や選考結果の連絡など、堅苦しいメールではなくLINEで連絡してくれるので、内容を確認しやすく返事も気軽にできるのが非常に良かったです。

オンライン面談やLINEでの連絡を駆使するところは、IT業界に特化しているレバテックキャリアならではですね。笑

企業との連絡が楽

これは先ほども少し言及しましたが、エージェントを挟むと面接の日程調整や内定辞退の連絡を全て代行してくれるので、余計な労力を使わずに済みめちゃくちゃ楽です。

未経験からエンジニアに転職する場合、プログラミングの勉強をしたり、ポートフォリオの機能を充実させたり、転職活動以外にもやるべきことがたくさんありますよね。

面倒な連絡は全てエージェントに任せて、浮いた時間を自分の自己研鑽に当てられるのはかなりのメリットになると思います。

ちなみにこの辺の連絡も毎回LINEで行うので、めちゃくちゃ気軽に転職活動を進めることができました。

自分では選ばない・選べない企業と出会える

これもエージェントを使うメリットの一つです。

自分で企業探しをしていると、どうしても先入観からか同じような条件の企業に応募してしまいがちです。

視野が狭くなっていて興味が偏ってしまっていたり、自分の実力よりも相当高いレベルの企業ばかりに応募してしまい、書類選考すら通らずに落ち込んでしまうこともあるかもしれません。

レバテックキャリア に登録すると、仮に自分が自社開発企業を希望していたとしても、受託企業やSES企業も紹介してくれます。これが意外と視野を広げるために大事です。

実際に私は紹介してくれた企業の中からSESの面接にも出向きましたが、SES企業の中でも優良なところってあるんだなというのが正直な感想でした。自分で探していたら応募しなかったと思うので、紹介してもらったことで視野を広げることができたなと思います。

また、募集要項に未経験可と書いていない企業も紹介してくれました。自分で申し込むとなると結構勇気が必要ですが、レバテックを挟むとこちらの良いところを先方にアピールしてくれるので、少し背中を押してくれるような印象がありますよね。

レバテックキャリアのデメリット

デメリットは、担当との相性が合わない可能性があるというところです。

これはエージェント業者であればどこでもしょうがないことですが、担当になってくれたエージェントさんがあまり自分とウマが合わない場合もあります。

私の場合はすごく親切なエージェントさんに担当してもらえて、募集要項に未経験可と書いていない企業さんも積極的に紹介してくれました。レスポンスも早くて、何一つ文句なかったです。

おそらく、どうしても担当と合わないと感じた場合は他の担当に変えてもらうこともできるのではないかと思うので、担当との相性はイチかバチかで考えるのではなく、きちんと確かめてみることができると思います。

MENTA

最後にご紹介するのはMENTAです。

menta.work

MENTAは転職サイトではないのですが、実際に私がメンターの立場で使っていて良いなと思ったのでご紹介します。

MENTAはプログラミングのメンターを募集できるサイトです。自分が「こういうことを教えて欲しい!」という投稿をすると、そのニーズを満たしてくれるメンターから連絡が来ます。

自分でメンター募集の投稿をしなくても、登録しているメンターの中から自分と合いそうな人を探して、そのメンターに連絡を取ることもできます。

MENTAのメリット

MENTAの最大のメリットは、現役のエンジニアとコンタクトが取れることです。

実際に現場で働いているベテランのエンジニアにポートフォリオの添削をしてもらったり、最近転職したばかりで転職ノウハウが多いメンターに色々と相談できたりする機会は他ではなかなか無いと思います。

私がこれまでにメンターとして活動してきた中では、技術力は十分なのに面接でアピールする力が足りないとか、転職に向けた努力の方法が定まっておらず、時間だけを無駄にしてしまっている方がいらっしゃいました。

転職に向けて一人で闇雲に頑張るよりも、第三者からの意見を聞くことは意外と大事だと思います。チャットで相談したり、オンライン面談で相談したり、メンターによって色々な相談ができると思うので、良いとこどりをしたい方にはおすすめです。

MENTAのデメリット

MENTAのデメリットは料金が発生することです。

メンターは個人が副業としてやっているので、何かのサービスを受けるためには無料ではなく料金が発生してしまいます。無料で利用できるWantedlyやレバテックキャリアと比べると、お金がかかってしまうのはやはり少しイタイですよね。

人気のメンターさんだと月額10000円前後の方もいたりするので、あまりお金をかけられない方には難しいかもしれません。ですが、30分だけの単発相談ができる方もたくさんいますし、リーズナブルな料金で相談に乗ってもらえる方もいます。

ただ、現役エンジニアから技術的な指導を受けたり、転職の相談をしてもらったりすることができるのは、お金を払うだけの価値があると私は思います。

私自身は今手一杯で対応することはできませんが、MENTAには優秀なメンターさんたちがたくさんいらっしゃるので、一度のぞいてみることをお勧めします。

ちなみに、メンター募集の投稿をするときは以下の記事を参考にしてみてください。私がMENTAを使っていて警鐘を鳴らしたいと思ったことを書いた記事です。笑

menta.work

まとめ

今回は未経験からエンジニアに転職するためにおすすめなサイトを3つ紹介しました。

  • Wantedly
  • レバテックキャリア
  • MENTA

アプローチとしては、自分で企業を探す方法他人に探してもらう方法の両方から攻めるのがおすすめです。

ご案内

私がこれまでにプログラミングの勉強で読んだ本をこちらでまとめています。※随時更新

www.y-hakopro.com

Wantedlyのプロフィールで何を書いたら良いか分からない!という場合は、こちらのnoteを参考にしてみてください。

note.com