箱のプログラミング日記。

渋谷の自社開発企業でRails書いてます。

よくあるRailsのエラーとその対処法

よくあるエラーとその対処法についてまとめました。

  1. syntax error
  2. No Method Error
  3. Pending migration error
  4. Temolate is missing
  5. Routing Error

以下、それぞれのエラーの内容と対処法です。

エラーっぽく赤で表示していきます笑

 

1.syntax error

意味

Rubyの文法で何かしら誤りがある。

対処

「,」や「:」や「end」など入れ忘れていないか確認する

 

 

2.No Methid Error

意味

そのメソッドは使えません

対処

 

 

3.Pending migration error

意味

未実行のマイグレーションファイルがある

対処

ターミナルで「$ rake db:migrate」を実行

 

 

4.Template is missing

意味

指定のviewファイルが見つからない

対処
  • viewファイルを作成するディレクトリを誤っていないか
  • アクションの最後に「redirect_to」記述漏れはないか

 

 

5.Routing Error

意味

指定したルーティングが見つからない

対処

  • ルーティングの記述は正しいか。スペルミス等はないか→routingファイル確認
  • そもそも正しいパスを指定しているか→viewファイル確認

       ※パスに「:id」が指定されている場合はviewファイル内では書き換えが必要

  ※HTTPメソッドはきちんと書けているか「$ rake routes」で確認

 

 

以上です。

個人的にはrouting errorが一番確認事項が多くてめんどくさいかな・・・

 

予期せぬエラーが起きた時には英語から逃げず頑張ります。